生活保護Q&A   ホーム  
家や土地を持っていると生活保護は受けられない?

 遠く離れた田舎に、父親と母親が住んでいますが、二人とも高齢で年金で生活しており、また父親は脳梗塞をわずらって自宅療養している状態です。生活保護を受けようかと考えているようですが、現在住んでいる家や土地またそれにかかる税金等どう言う扱いになるのか不安みたいです。どうなるのか教えてください。



住むための家や土地は保有が認められる場合があります。

 住むための家とその家が建つために必要な土地は保有が認められます。ただし、処分価値が利用価値に比べて著しく大きいものは、この限りではありません。また、世帯人数に比べて部屋数が非常に多い場合などは、間貸しなどにより活用するよう指導されます。

 それ以外の土地、たとえば農地などは事業用として使用している場合には保有が認められます。近い将来、活用する見込みがある場合にも保有が認められます。

 なお、税に関しては市町村の条例により減免の対象となります。お住まいの市町村で減免となるかどうかは、税務課の固定資産税担当の人に問い合わせてみてください。

 
回答者:おおやま 2002/10/14 (Mon)


BACK



- CGI by Genesis -
- 生活保護110番 -